IPL脱毛が産毛に効果が出にくいと言われる理由とは?

現在、脱毛サロンの脱毛方法の主流となっているのがIPL脱毛です。

 

IPLの光

 

光脱毛の中でも効果が高いと言われるIPL脱毛ですが、産毛の脱毛は苦手と言われています。

 

熱によって毛根組織にダイレクトにアプローチできるIPL脱毛が、なぜ産毛には効果が出にくいのでしょうか。

 

IPL脱毛の仕組み

 

産毛への効果が出にくい理由を知るには、IPL脱毛の仕組みを理解しておく必要があります。

 

IPL脱毛では、インテンス・パルス・ライトという光を使用します。

 

医療レーザーの光とは違い、様々な波長の光を組み合わせて広範囲に照射します。レーザーは一点集中といった感じです。

 

この光を照射することで熱が発生し、その熱が毛根組織にダメージを与えて発毛機能を低下させるのがIPL脱毛の仕組みです。

 

ここで重要となるのが熱の発生源です。

 

ただインテンス・パルス・ライトを照射すれば、熱が発生するというわけではありません。

 

インテンス・パルス・ライトの光はムダ毛の黒い色に反応します。

 

この反応によって熱が作られるので、ムダ毛の色が濃いほど熱量も大きくなり、毛根組織に与えるダメージも大きくなるのです。

 

これが効果は高いと言われるIPl脱毛の仕組みです。

 

なぜ産毛には効果が出にくいの?

 

産毛というのは、ほとんどの場合メラニン色素がとても薄いですね。

 

前述したように、IPL脱毛の光はメラニン色素に反応して熱を作ります。

 

ですのでメラニン色素の色が薄いと反応も鈍くなってしまい、結果的に発生する熱量も少なくなります。

 

熱量が少なければ、毛根組織へのダメージも小さくなるので、効果が出にくいと言われるのですね。

 

それでも多少なりとも着色されている産毛であれば、照射を繰り返すことで脱毛効果も得られます。

 

ですが産毛によっては、ほとんど色がなく、金髪に近いぐらいの色味のものもあります。

 

残念ながら、そこまで色素が薄いと熱も発生しないので、ほぼ効果は得られません。

 

逆に言うと、IPL脱毛はそれだけメラニン色素が濃いムダ毛には効果が期待できるということです。

 

ですので剛毛の方や色が濃いムダ毛であれば、IPL脱毛は優れた脱毛効果を発揮してくれます。

 

脱毛器は機種によっては産毛に強いものもあるので、組み合わせて施術を受けるといいですね。