脱毛後にチクチクする場合の対処法とは?予防はできないのか?

カミソリで自己処理をしたことがある方なら、剃った後にチクチクしてかゆみや痛みを感じた経験があるのではないでしょうか。

 

シェービング

 

実は脱毛後にもチクチクすることがあります。

 

この感覚は時間とともに消えていきますが、できるだけ早く症状を改善する対処法をご紹介します。

 

自分でもしっかり保湿ケアをすること

 

脱毛後にチクチクするのは、施術によって肌が敏感になっているからです。

 

脱毛の効果は、施術を受けてから10日から2週間ほど経たないと実感できません。

 

タイムラグがあるため、抜け落ちそうになっているムダ毛や成長途中のムダ毛が肌を刺激します。

 

敏感になった肌は刺激を感じやすいので、チクチクして炎症やかゆみが引き起こされてしまうことがあるのです。

 

こういった状態を早く改善するには、保湿ケアをして肌を守ってあげることがポイントです。

 

保湿をすると、肌のバリア機能が回復しますから刺激も緩和されます。

 

脱毛による乾燥などからも肌を守れるので、施術後は自分でもしっかり保湿ケアをしましょう。

 

施術前の自己処理方法を工夫する

 

チクチクの不快感が苦手という方は、施術前の自己処理方法を見直してみてください。

 

脱毛サロンなどでは、電気シェーバーでの自己処理が推奨されています。

 

しかし持っていないとわざわざ買うのももったいないので、カミソリを使ってしまうこともあるでしょう。

 

ですがカミソリは鋭角にムダ毛をカットしてしまうため、伸び始めると尖った毛先が肌を刺激します。

 

脱毛をしても、ムダ毛はすぐに抜け落ちるわけではありませんから、しばらくはチクチク感が続きます。

 

電気シェーバーは脱毛が完了したら必要なくなるので、お金がもったいないかもしれません。

 

しかしチクチクするということはその分肌に刺激を与えているので、肌トラブルが起こるリスクも高くなります。

 

最近は低価格でもハイスペックの電気シェーバーもありますから、予防のためにも事前処理は電気シェーバーを活用するのがおすすめです。

 

自分で予防したり対処法を実践してもチクチクするという場合は、出力レベルが高いのかもしれません。

 

ですのであまりにも気になるようであれば、スタッフに相談して対処してもらいましょう。